電話でのお問合せはこちら 0248-25-1126

快適な環境のご提供と再生可能エネルギーの利用推進

スパホテルあぶくまではバイオマス発電熱電併給ユニットを導入して

お客様に快適な環境のご提供と再生可能エネルギー利用の推進を行っております。

バイオマス発電熱電併給ユニットについて

スパホテルあぶくまでは、バイオマス発電熱電併給ユニットE3・E4が導入されています。

この機械は、一般的にCHP(Combined heat and power コンバインドヒートアンドパワー)と呼ばれる機械で木を燃料に熱と電気が作れます。

簡単に言うと1kgのペレットから1kwhの電気と2kwthの熱を作っています。

作られた電気を館内で利用。一部を地域へ提供しています。

作られた熱は館内で利用。段階的に利用することでお客様に快適な環境を提供できています。

バイオマス発電熱電併給ユニット

バイオマス発電熱電併給ユニットE3

バイオマス発電熱電併給ユニット

熱利用状況について

空気調和設備「ファンコイルユニット(FanCoilUnit)」

温水や冷水を利用して、空調として大規模な部屋の空調として利用しています。

輻射式冷暖房装置「クール暖」

温水や冷水を流すことで、風を起こさない空調により、快適な空間を作り出しています。

温水式床暖房

客室、通路など施設内のどこでも快適な環境を提供できるよう温水式床暖房に利用しています。

ロードヒーティング

お客様に安全にお越しいただき、安心して利用してもらうため、駐車場や進入路の融雪用ロードヒーティングに利用しています。

温泉やお風呂、シャワー等の加温

豊富な源泉と熱源を活かし、個室でも温泉をご利用いただきお客様にご満足いただけるようにしています。

お客様に快適にお過ごしいただけるように豊かな熱と電気を最大限に活用しているのが当施設になります。

熱利用状況について

大切な理由

バイオマス発電熱電併給ユニットは木質材を燃料にしています。

木質材利用は、化石燃料の利用を減らし再生可能な燃料の利用を増やします。

木質材が増えると、CO2増加も抑制され地域で働く人を増やす効果もあります。

CO2を抑制することは自然災害の抑制につながります。

スパホテルあぶくまは再生可能エネルギーの利用を推進しお客様に喜ばれるサービスを提供いたします。

導入に協力していただいた皆様

福島県
ENTRADE
福島大学
エネルギーエージェンシーふくしま
藤田建設工業

アクセス・営業時間のご案内

■東北新幹線をご利用の場合
東京 新白河 約75分/仙台 新白河 約60分
■東北自動車道をご利用の場合
浦和I.C 白河I.C 約100分/仙台南I.C 白河I.C 約95分
■新白河駅よりタクシーで15分/白河I.Cより車で15分

年中無休

営業時間:午前9時開館~22時まで《午後5時以降は夕方料金》

〒961-8071 福島県西白河郡西郷村大字真船川谷1

TEL:0248-25-1126(代)

FAX:0248-25-7332

E-Mail:s-info@spahotel-abukuma.jp

ページ先頭へ戻る